出典:デジタル大辞泉(小学館)

昆虫の変態で、幼虫の段階で著しく異なる形態に変わること。擬蛹 (ぎよう) の段階を経て、さらに脱皮して蛹 (さなぎ) になるツチハンミョウ類や、寄生性のネジレバネ類などに見られる。