出典:デジタル大辞泉(小学館)

ある分析方法によって検出できる、物質の最小の量または濃度。確認限界。

[補説]測定結果が検出限界以下の場合、「不検出」と表示されることがあるが、これは試料中に対象物質が存在しないという意味ではない。