出典:デジタル大辞泉(小学館)

インドネシア東端、イリアンジャヤニューギニア島西部)北岸の港湾都市。パプア州の州都。フンボルト湾に面し、古くから天然の良港として知られた。オランダ領ニューギニア時代の旧称ホランディア。その後、コタバル、スカルナープラと改称され、1969年より現名称になった。第二次大戦中に日本軍の拠点が置かれ、連合軍との激戦地になった。ココヤシの栽培が盛ん。