出典:デジタル大辞泉(小学館)

大岡玲 (あきら) の小説。小さな島を舞台に、都会から抜けだした青年の憂鬱と気概を描く。平成元年(1989)刊行。同年、第2回三島由紀夫賞受賞。