出典:デジタル大辞泉(小学館)

八方天・十二天の一としての閻魔王の称。南方の守護神。図像は冥界十王の場合と異なり、水牛に乗り左手に人頭の幢 (どう) を持つ姿に表し、密教で、除病・延寿祈祷 (きとう) などの本尊とする。