出典:デジタル大辞泉(小学館)

中性子縮退圧によって自身の重力を支えることができる質量の上限。中性子星の場合、太陽質量の1.5倍から3倍程度と見積もられている。質量がこの上限を超えるとブラックホールになると考えられている。1939年にオッペンハイマーとボルコフが、一般相対性理論における球対称重力平衡な物質の構造を表す方程式から導出。トルーマンが独立してこのような場の解析を行った。→チャンドラセカール限界