出典:デジタル大辞泉(小学館)

重力平衡にある天体が示す形状。自己重力のみがはたらき、内部の圧力と平衡している場合には球になるが、ふつう天体は自転しているため、遠心力がはたらき、上下方向につぶれた楕円体 (だえんたい) となる。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉