出典:デジタル大辞泉(小学館)

根岸短歌会の機関誌。明治41年(1908)に「馬酔木 (あしび) 」が終刊したのち、三井甲之の編集により創刊。短歌のほか小説、西洋文学や批評なども掲載する総合文芸雑誌となるが、伊藤左千夫らが離反して「アララギ」を創刊したため、明治42年(1909)に休刊。明治44年(1911)、新聞として復刊したのち、大正元年(1912)に「人生と表現」に改称、大正14年(1925)まで刊行された。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉