出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接頭]《「おん(御)」の音変化で、中世以降の成立》
  1. 名詞に付く。

    1. ㋐尊敬の意を表す。相手または第三者に属するものに付いて、その所属、所有者を敬う場合と、敬うべき人に対する自己の物や行為に付いて、その対象を敬う場合とがある。「先生の御話」「御手紙を差し上げる」

    2. ㋑丁寧に、または上品に表現しようとする気持ちを表す。「御米」

  1. 女性の名に付いて、尊敬、親しみの意を表す。「御花さん」

  1. 動詞の連用形に付く。

    1. ㋐その下に「になる」「なさる」「あそばす」「くださる」などの語を添えた形で、その動作主に対する尊敬の意を表す。「御連れになる」「御書きなさる」「御読みあそばす」「御話しくださる」

    2. ㋑その下に「する」「いたします」「もうしあげる」などの語を添えた形で、謙譲の意を表し、その動作の及ぶ相手を敬う。「御連れする」「御書きいたします」「御話しもうしあげる」

    3. ㋒その下に「いただく」「ねがう」などの語を添えた形で、相手にあることをしてもらうことをへりくだって言う。「御買い上げいただく」「御引き取りねがう」

  1. 動詞の連用形に付いて、軽い命令を表す。「用がすんだら早く御帰り」「御だまり」

  1. 動詞の連用形や形容動詞の語幹に付いて、その下に「さま」「さん」を添えた形で、相手に対する同情やねぎらい、なぐさめの気持ちを表す。「御疲れさん」「御待ち遠さま」「御気の毒さま」

  1. 形容詞・形容動詞に付く。

    1. ㋐尊敬の意を表す。「御美しい」「御元気ですか」

    2. ㋑丁寧、または上品に表現しようとする気持ちを表す。「御寒うございます」「御りこうにしていなさい」

    3. ㋒謙譲または卑下の意を表す。「御恥ずかしいことです」

    4. ㋓からかい、皮肉、自嘲 (じちょう) などの気持ちを表す。「御高くとまっている」「御熱い仲」

[用法]お・[用法]――「お(おん・おおん)」は和語であるから「お父さん」「お早く」のように和語に付き、「ご(ぎょ)」は「御」の漢字音からできた接頭語であるから「ご父君」「ご無沙汰」のように漢語(漢字音語)に付くのが一般的である。◇話し言葉での敬語表現にも多用され、漢語意識の薄れた語では、「お+漢語(漢字音語)」も少なくない。お客、お札 (さつ) 、お産、お酌、お膳、お宅、お茶、お得です、どうぞお楽に、お礼、お椀、お菓子、お勘定、お行儀、お稽古 (けいこ) 、お化粧、お元気、お時間、お七夜、お邪魔、お正月、お食事、お歳暮、お餞別 (せんべつ) 、お達者、お知恵、お銚子、お天気、お電話、お徳用、お弁当、お帽子、お役所、お歴々など。◇「ご+和語」は数少ないが、「ごもっとも」「ごゆっくり」「ごゆるり」など多少改まった言い方で登場する。◇「―返事」「―相伴」「―丈夫」など、「お」「ご」両方が付くものもあるが、「ご」は多少改まった表現、書き言葉的表現である。◇「おビール」のような例外はあるが、「お」「ご」ともに、ふつう外来語には付かない。