出典:デジタル大辞泉(小学館)

《原題、(フランス)Madame Chrysanthèmeロチの小説。1887年刊行。海軍士官として長崎に滞在した著者の経験をもとに、白人男性の「私」と日本人女性との短い同棲生活と別れを描く。米国の小説家ロングの短編「蝶々夫人」は、本作の影響を受けて書かれたもの。