• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あく‐ごう〔‐ゴフ〕【悪業】 の意味

  1. 仏語。悪い行為。転じて、前世で悪事をしたことによる悪い報い。⇔善業

あく‐ごう〔‐ゴフ〕【悪業】の慣用句

  1. 悪業の猛火
    • 悪事の報いが大きいことを、燃えさかる火にたとえたもの。