出典:デジタル大辞泉(小学館)

オリンポスのこと。
火星表面にある楯状火山。高さ27キロメートル、裾野の直径550キロメートル。山頂部に長径80キロメートル、短径60キロメートルのカルデラがある。地上の望遠鏡からは周辺よりも白く見えたため、オリンピア雪原とよばれた。太陽系最大の山として知られる。