悪業(あくごう)の猛火(みょうか) の意味

  1. 悪事の報いが大きいことを、燃えさかる火にたとえたもの。