出典:デジタル大辞泉(小学館)

石牟礼道子の長編小説。水俣病の実態を、被害者からの証言をもとに描いたもの。昭和35年(1960)「海と空のあいだに」として連載開始。昭和44年(1969)刊行。「神々の村」「天の魚」とともに水俣三部作の一。副題は「わが水俣病」。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉