出典:デジタル大辞泉(小学館)

井伏鱒二の短編小説。体が大きくなり、岩屋から出られなくなったサンショウウオの悲嘆を描く。大正12年(1923)年の作品「幽閉」を改稿して昭和4年(1929)に発表。昭和60年(1985)、全集への収録時に、著者自身が結末部分を大幅に削り、話題となった。