出典:デジタル大辞泉(小学館)

Santo Nio Curch》フィリピン中央部、セブ島の都市セブにあるローマカトリックの教会。1565年に創設。同国最古の教会の一つ。教会名の由来となった守護神である幼子イエスの像があり、毎年1月にこの像を記念するシヌログという祝祭が催される。