出典:デジタル大辞泉(小学館)

国土交通省でかつて認定されていた自動車の燃費測定方法。アイドリング状態から加速、一定速度の走行、減速、停止など、都心部と郊外でそれぞれ10種類、15種類の走行パターンを想定し、燃費を測定する。平成23年度(2011)から、より実際の使用条件に近い走行パターンを想定したJC08モードに改められた。