出典:デジタル大辞泉(小学館)

岩野泡鳴の評論。明治39年(1906)刊行。霊と肉との合致と刹那 (せつな) 的な生の充足を訴える。