出典:デジタル大辞泉(小学館)

地平線または水平線の見かけの高さと、その真の高さとの差。光が大気中で屈折するために生じる。気温や気圧などに依存するが、ふつう角度にして35分8秒浮き上がって見える。