出典:デジタル大辞泉(小学館)

婚姻中または離婚後300日以内に生まれた子は婚姻中の夫婦間にできた嫡出子とする嫡出推定を否定するための手続き。夫が、子の出生を知ってから1年以内に申し立てる。

[補説]出生を知ってから1年以上経過した場合や、妻が夫との間の子であることを否定する場合は、親子関係不存在確認を申し立てることができる。