出典:デジタル大辞泉(小学館)

DNA memoryDNAを利用した記憶媒体。保存したいデジタルデータを、四つの塩基の組み合わせで構成された人工DNA配列に変換し、枯草菌などバクテリアゲノムに挿入する。異なる変換方法による複数のゲノムを用意して冗長度を高めることで、世代を経てDNA配列に組み換えが起こっても元のデータを復元できる。小型で長期保存が可能な記憶媒体として利用する研究が進められている。