出典:デジタル大辞泉(小学館)

池沢夏樹の長編小説。昭和59年(1984)発表の処女作。漁船から転落して無人島に漂着した地方記者の青年の姿を通じ、脱文明と自然生活への憧れを描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉