出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]《感動詞「おい」に代名詞「それ」が付いてできた語。「おい」と呼ばれ、直ちに「それ」と応じる意から》簡単に応じること。即座に物事が行われること。また、そのさま。
  • 「菊見の催頗 (すこぶ) る妙だが、―というも不見識と思ったか」〈二葉亭浮雲