出典:デジタル大辞泉(小学館)

池沢夏樹の長編小説。平成2年(1990)刊行。中東から密入国してきた若い兵士が、東京でさまざまな人と出会いながら新しい自分を見つけていくさまを描く。