悪事(あくじ)千里を走る の意味

  1. 《「北夢瑣言 (ほくむさげん) 」の「好事門を出でず、悪事千里を行く」から》悪い行いはすぐに世間に知れ渡る。