出典:デジタル大辞泉(小学館)

生体内において、氷の結晶成長を抑え、凍結を防ぐはたらきをもつたんぱく質の総称。1960年代に、南極に生息するノトセニア科の魚の血液から初めて単離され、その後、昆虫や身近な野菜・きのこなどから発見された。冷凍食品や移植用臓器の保存などへの応用が進められている。耐凍たんぱく質。

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉