出典:デジタル大辞泉(小学館)

便に含まれる微量の血液を検出し、消化管からの出血の有無を調べる検査。大腸がんスクリーニング検査として広く行われる。