出典:デジタル大辞泉(小学館)

タイの首都バンコクの中心部にある仏教寺院。王宮内に位置する。同国で最高位の王室寺院として知られる。本堂に本尊であるエメラルド仏(プラケオ、ヒスイ製)を安置。1782年のバンコク遷都のときに、ラーマ1世により建造。本堂のほか経典を納めるプラモンドップ、黄金の仏舎利塔プラシーラタナチェディなどがある。エメラルド寺院。ワットプラケーオ。
タイ北部の都市チェンライにある仏教寺院。15世紀にエメラルド仏が発見され、バンコクの同名の寺院に移されたことで知られる。現在は1991年に現国王プミポン(ラーマ9世)の母の誕生日を祝して奉納された、カナダ産ヒスイでできた仏像が安置されている。
タイ中北部の町カムペーンペットカムペーンペット歴史公園にある仏教寺院。ピン川に沿った細長い城壁内に位置する。王室寺院として建立。アユタヤ朝時代のウートーン様式の仏像などがある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉