出典:デジタル大辞泉(小学館)

複数の測位衛星から時刻情報つきの信号を受信し、地上での現在位置を計測するシステムの総称。特に全地球を対象とするものを指し、米国のGPS、ロシアのGLONASS (グロナス) EUガリレオが知られる。航空機・船舶の測位や自動車のカーナビゲーションシステムに利用されるほか、近年では受信回路の小型化が進み、携帯電話スマートホン・腕時計などにも搭載されている。また、携帯電話の基地局の電波を補完的に用いることで、測位時間の短縮や、衛星電波を捕捉しにくい場所での測位も可能になった。衛星航法システム。全地球航法衛星システム。GNSS(global navigation satellite system)。

[補説]日本では初期からGPSを利用していたため、衛星測位システムを指してGPSとよぶことも多い。