出典:デジタル大辞泉(小学館)

reverse polish notation》コンピューターのプログラムで、数式を記述するとき、演算子(オペレーター)を被演算子(オペランド)のうしろに置く記法。通常「X+Y」と書かれる数式は、「X Y +」と記述する。名称はポーランドの論理学者ヤン=ウカシエビッチが考案したことによる。後置記法。