出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動ナリ]

  1. 性格が、こせこせせずおっとりしているさま。穏やか。

    1. 「対の君は、―なれど心深ければこそ」〈宇津保・楼上上〉

  1. 態度が素直でとげとげしくないさま。あっさりしているさま。

    1. 「すべて人は―に、すこし心おきてのどやかに、おちゐぬるをもととしてこそ」〈紫式部日記