出典:デジタル大辞泉(小学館)

ラオス北東部の都市。サムヌア県の県庁所在地。首都ビエンチャンの北東約300キロメートル、標高約1200メートルの山間盆地に位置し、ナムサム川が流れる。ラオス内戦時にラオス愛国戦線の本拠が置かれた。織物の産地として有名。サムヌーワ。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉