出典:デジタル大辞泉(小学館)

カンボジア中央部にある都城遺跡。シェムリアップの南東約170キロメートルに位置する。7世紀初頭、イシャーナバルマン1世が建てた真臘朝の都イシャーナプラと考えられている。八角形の祠堂をはじめ、インドのドラビダ様式に影響を受けたソンボー様式とよばれる煉瓦造の遺跡が多く残っている。アンコール遺跡群に先行するクメール建築として注目されている。ソンボープレイクック。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉