出典:デジタル大辞泉(小学館)

ミャンマー南部の古都バゴーにある仏教寺院。10世紀前後の建立とされ、釈迦 (しゃか) の遺髪を納めるために建てられた仏塔を起源とする。地震による倒壊と再建を経て、現在は高さ114メートルの巨大な仏塔となった。シュエモードーパヤー。
ミャンマー南部の都市パテインにある仏教寺院。紀元前305年、マウリヤ朝アショカ王が建立したとされる。高さ約46メートルの黄金の仏塔があり、その頂部はダイヤモンドやルビーなどをふんだんに用いた装飾が施されている。市街中心部に位置し、パテインのシンボルとして知られる。シュエモードーパヤー。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉