出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「スーパースケーラー」とも》コンピューターのCPUの高速化を図る方式の一。複数の命令を並行して同時に処理を進める。その際、命令の並べ替えをして実行効率を高める工夫がなされる。1990年代末より、汎用CPUの処理方式として主流になった。