おいわけ‐ぶし〔おひわけ‐〕【追分節】 の意味

  1. 民謡の一。中山道北国街道の分岐点であった信州追分の宿(長野県軽井沢町)の飯盛り女たちが、碓水 (うすい) 峠を往来する馬子 (まご) のうたう馬子唄に三味線の手をつけたものが馬方三下がりまたは追分節(信濃追分)とよばれて、東日本を中心に各地に伝わったもの。一般に声を緩やかにのばし、旋律は哀調を帯びる。越後追分江差 (えさし) 追分などが有名。
  • 名詞
  • おいわけ‐ぶし〔おひわけ‐〕【追分節】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・普通のわれわれの音楽で使われる音程の数は有限な少数であるのに、実際これからあらゆる旋律、たとえば追分節も生まれればチゴイネルワイゼンも生まれる。

      寺田寅彦「連句雑俎」

    • ・・・その歌の節は内地の追分節によく似ていますが、元はアイヌの歌から初まったものかと思われます。

      宮本百合子「親しく見聞したアイヌの生活」