出典:デジタル大辞泉(小学館)

民謡の一。中山道北国街道の分岐点であった信州追分の宿(長野県軽井沢町)の飯盛り女たちが、碓水 (うすい) 峠を往来する馬子 (まご) のうたう馬子唄に三味線の手をつけたものが馬方三下がりまたは追分節(信濃追分)とよばれて、東日本を中心に各地に伝わったもの。一般に声を緩やかにのばし、旋律は哀調を帯びる。越後追分江差 (えさし) 追分などが有名。

出典:青空文庫