出典:デジタル大辞泉(小学館)

カンボジア北部、アンコールにあるヒンズー教寺院の遺跡。アンコールトムの東に位置し、トマノンに隣接する。12世紀初頭、クメール王朝のスールヤバルマン2世により建立。中央祠堂と東の塔門を空中参道(敷石を円柱列で支えた橋のような構造物)が結ぶ。わずかに赤い彩色が残る、女神デバターの美しい浮き彫りがある。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉