出典:デジタル大辞泉(小学館)

カンボジア西部、バタンバン州の都市。同州の州都。首都プノンペンの北西約260キロメートル、トンレサップ湖に注ぐサンカー川沿いに位置する。11世紀前後からクメール王朝の領土だったが、18世紀末にタイ領に編入され、20世紀初頭にフランス領カンボジアとして復帰。かつてポルポト派の拠点だったが、現在は首都に次いで同国第二の規模をもつ大都市になった。郊外にワットエクプノンワットバナンなどのクメール様式の寺院遺跡がある。バッタンバン。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉