出典:デジタル大辞泉(小学館)

カンボジア北部、アンコールにあるヒンズー教および仏教寺院の遺跡。アンコールトムバイヨン寺院の北西に位置する。11世紀半ば、クメール王朝のウダヤーディチャバルマン2世により建立。3層からなるピラミッド型の寺院であり、シバ神を祭る。東の塔門から中央祠堂に向かって、約200メートルの空中参道(敷石を円柱列で支えた橋のような構造物)が延びる。15世紀に仏教寺院になり、長さ70メートルの巨大な寝釈迦仏が造られた。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉