あく‐しょ【悪書】 の意味

  1. 内容が俗悪で、読者や社会、特に青少年読者に悪影響を及ぼす本。
  1. 文字を書くのがへたなこと。悪筆。
    • 「商戸なれば…書に心なし。故に―なる事人のみるところなり」〈胆大小心録
  • 名詞

あく‐しょ【悪書】の慣用句

  1. あくしょついほう【悪書追放】
    • 青少年に有害な雑誌を追放しようとする小売書店の運動。昭和38年(1963)10月、山梨県の甲府書籍雑誌共同組合が始め、全国各地に広がった。
  • あく‐しょ【悪書】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・来客の下駄や傘がなくなる、主人が役所へ出懸けに机の上へ紙入を置いて、後向に洋服を着ている間に、それが無くなる、或時は机の上に置いた英和辞典を縦横に絶切って、それにインキで、輪のようなものを、目茶苦茶に悪書をしてある。

      泉鏡花「一寸怪」

    • ・・・夥しい良書悪書の氾濫にもかかわらず、女性の著作のしめている場所は、狭く小さく消極的で、波間にやっと頭を出している地味の貧しい小島を思わせる。

      宮本百合子「女性の書く本」

    •           一 情報局、出版会という役所が、どんどん良い本を追っぱらって、悪書を天下に氾濫させた時代があった。

      宮本百合子「春桃」