出典:デジタル大辞泉(小学館)

カンボジア北部、アンコールにある仏教寺院の遺跡。アンコールトムの東約3キロメートルに位置する。もとはヒンズー教寺院だったと考えられ、12世紀末から13世紀初頭にかけて、クメール王朝のジャヤバルマン7世により仏教寺院に改宗された。四重の周壁に囲まれたバイヨン様式の寺院であり、観世音菩薩 (かんぜおんぼさつ) や女神デバターの美しい彫像や浮き彫りが残っている。1992年、アンコールの他の遺跡とともに世界遺産(文化遺産)に登録された。

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉