出典:デジタル大辞泉(小学館)

ベトナム南部、ビントゥアン省の都市。同省の省都。ホーチミンの東約250キロメートルに位置し、南シナ海に面する。近郊に、タク山の涅槃 (ねはん) 仏やチャンパー王国時代のポーハイ遺跡などがあるほか、東郊の村ムイネーに至る海岸線は保養地としての開発が進められている。魚醤 (ぎょしょう) の一種ニョクマムの名産地。