おうう‐ようらくがい〔アウウヤウラクがひ〕【奥羽××珞貝】 の意味

  1. アッキガイ科の巻き貝。潮間帯の岩礫底 (がんれきてい) にすむ。貝殻は紡錘形で硬く、殻高約5センチ、殻表は淡褐色で、肩の部分がとげ状。肉食性で、カキなどに穴をあけて食害する。