出典:デジタル大辞泉(小学館)

長部日出雄の小説。「別冊文芸春秋」誌に連載、単行本は昭和61年(1986)刊行。太平洋戦争時にルソン島で戦死した著者の兄の足跡を取材し、小説化したもの。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉