出典:デジタル大辞泉(小学館)

ラオス北部の古都。ルアンパバン州の州都。メコン川とナムカン川の合流点に位置する。14世紀半ばにランサン王国の王都となり、1975年のラオス人民民主主義共和国成立まで首都が置かれた。かつて王宮だった建物は、王朝のゆかりの品々を展示する国立博物館になっている。古い街並みとワットシェントーンをはじめとする歴史的建造物があり、1995年に「ルアンパバンの町」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。ルアンプラバン。ルアンパバーン。

[地理/外国地名/東南・南アジア]カテゴリの言葉