出典:デジタル大辞泉(小学館)

桐野夏生の長編小説。平成9年(1997)刊。夫を殺害した仲間をかばうため、遺体を解体し証拠隠滅に協力したパート仲間の主婦たちが、徐々に日常から逸脱していくさまを描く。平成10年(1998)、第51回日本推理作家協会賞受賞。映画化・ドラマ化もされた。