出典:デジタル大辞泉(小学館)

《動詞「あお(扇)ぐ」の連用形から》

  1. 手に持ち、あおいで風を起こす道具。儀式・祭事などにも使う。ふつう、折り畳めるものをいい、檜扇 (ひおうぎ) 蝙蝠扇 (かわほりおうぎ) がある。前者を冬扇、後者を夏扇ともいう。すえひろ。せんす。 夏》「母がおくる紅き―のうれしき風/草田男

  1. 紋所の名。1をかたどったもの。種類が多い。