出典:デジタル大辞泉(小学館)

角田光代の連作短編小説。平成14年(2002)「別冊文芸春秋」誌で連載された5作品に、書き下ろし1作品を加えて同年単行本化。郊外の団地に暮らす家族の複雑な人間模様を淡々と描く。平成15年(2003)、第3回婦人公論文芸賞受賞。平成17年(2005)映画化。
中村真一郎の小説。昭和38年(1963)、「文芸」誌に前半部分を連載。後半部分を書き足して、昭和40年(1965)に刊行。