出典:デジタル大辞泉(小学館)

Kumbhalgarh Fort》インド北西部、ラジャスタン州にある城塞。ウダイプルの北西約80キロメートル、標高1100メートル以上の山の頂上に位置する。15世紀半ば、メワール王国のラーナー=クンバにより、チットールガル城陥落後に建造。周囲を城壁に囲まれ、ゾウの壁画で知られる宮殿や多くのヒンズー教およびジャイナ教の寺院がある。2013年、「ラジャスタン州の六つの丘陵城塞群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。クンバルガール城。