出典:デジタル大辞泉(小学館)

金子光晴の詩集。大正12年(1923)刊。大正8年(1919)年から翌年にかけて英国・ベルギーを放浪した際の作品を推敲したもの。高踏派的な象徴詩で注目を浴びた。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉